ABOUT

佐世保を拠点におく劇団HIT!STAGEと、宮崎に拠点を置きながら、質の高い演劇作品を発信し、地域に根ざしたスタイルを確立する劇団こふく劇場がタッグを組み、両劇団の特色を活かしながら、普遍的な物語を紡いでいく試みです。
両劇団の合同公演という枠だけでなく、熊本地震を遠景から描くなど、宮崎県と長崎県を繋ぐ九州全域を背景に展開する作品をお届けします。

 

劇団こふく劇場
劇団HIT!STAGE
合同公演 「境目」

1990年宮崎県都城市で結成。以降活動を全国へと広げる一方、宮崎県内の二つの町(門川町・三股町)の文化会館のフランチャイズカンパニーとして、ワークショップ、小学校巡回公演、町民参加作品の創作や演劇フェスティバルの企画などを担っている。また、2007年からは障害者も一俳優として参加する作品づくり(みやざき◎まあるい劇場)をはじめ、質の高さ、活動の社会的な広がり、その両面から高く評価されている。

 

1997年設立。長崎県佐世保市を拠点に活動。地方に住む人間ならではの視点から、身近なものを題材とし年齢を問わず楽しめる舞台を創作。2011年より佐世保市人材育成事業(佐世保市主催)に参加。以来、市民対象の演劇ワークショップや市民参加型の芝居作りと、劇団活動を並行して行っている。